居場所とは人のこと

2017年9月29日

ある教職員がお子さんの体調のことでお休みすることになりました。
その方は急なことだからと何度も私に謝り、
生徒にも迷惑掛けるからと大変気にされていました。

私はある生徒にそのことを正直に伝えました。
するとこう言いました。

「先生の代わりはいるけど
子供にとってお母さんの代わりはいないから。
僕もお母さんにそうしてもらってきたし。
どうか気にしないように伝えてください」

咄嗟にこんなこと言えることがどんなに素敵か。

通信制高校やサポート校あるあるですが、
或る日突然先生がいなくなる。
休み明けに先生がいなくなる。
事前に説明も、事後の理由説明もない。
学校の方針としてそうすることが多い。
そういうことが頻繁になると新しく来た人にも
「どうせすぐ辞めるんだろ」
と信頼関係を結ぶのが難しくなる。

職員を大切にせず、
代わりのきくパーツ程度の扱いをする。
そんな人を大切にしない場所に
人が育つ環境があるとは思えません。
あるとしたら現場の犠牲やシワ寄せによるものでしょう。

何らかの理由で人間不信に陥っている、
陥った経験のある若者たちが多い現場では、
職員と若者との関係性がより大きな意味を持ちます。

「居場所とは人のこと」だと私は思います。
人を大切にしない場所で満足を得るのは難しいでしょう。

大手とは違い、わたしたちは少人数の場所として
ひとりひとりの存在を大切にしつつも身内的な距離の近さも大切にしています。
だからこそ職員の働きやすさはとても大切です。

ストレスのない人からストレスのない関わりを受ける。
そこにしか生まれないものが必ずあると思っています。

前述の生徒には不便のないよう手配しました。
お休みされる先生は気兼ねなくお子さんのケアをしていただきたいです。
このような出来事からもいろいろな学びがあります。
現場は生き物です。