あなたへのメッセージ

2017年8月30日

9月になりますね。
この時期に限らずいつも思っていることです。
どうか苦しんでいる若者に届きますように。

———-

生物は様々な命の危険を回避する、
つまりうまく逃げることができたものが種として生き延びました。

いまあなたが嵐の中にいるような気持ちなら、
なんとか逃げ場を見つけてやり過ごそう。

マトモな大人も必ず見つかるよ。
とりあえずなんとか生き延びてください。
まずはそれだけでいいからさ。

————–

ノンビリ話したり、
本読んだり、
手芸したり、
絵を描いたり、
ギターの練習したり、

余裕できたらやりにおいでよ。
あ、あと意外と勉強もできるよ。

最近、
逃げたらいいんだよというメッセージを
批判する人がいます。

無責任だの責任取らないくせにだの。
優しい言葉にも一定数必ずこのような意見が出ます。

たまたま話していた卒業生に訊いてみました。

こういうメッセージって無意味なのかなぁ、って。
彼女は言いました。

「悩んでいるときって、他人の声がなかなか届かないんです。
だから、たくさんの人が大きな声で呼びかけてくれることは
とても意味があると思います。
私は逃げ場なんてないと思っていたから
フラフラになりながら中学校行きました。
今思えば一歩間違えば、って状態でしたよ。」

あー、声が届くかわからないし、大した力もないけど、
声はずっと上げ続けたいなぁと思いましたよ。

9月になりますね。